会の概要 会則 会誌「古文書研究」 大会・研究会 投稿規定 入会案内 TOP
更新情報
2016年8月10日
お知らせ
メールアドレス追加のお知らせ

従来本会事務局で利用しておりましたメールアドレス              は、昨今ネット上でも話題となっておりますように、yahoo等の無料メールアドレスからのメールをしばしば受信いたしません。

迷惑メールボックスにも入らず、また不達で送信者に戻ることもなく消滅してしまうような状況も発生しております。
そこで本会事務局ではこのHPで利用しているレンタルサーバー上に別途メールアドレスを用意いたしました。
  
とくに無料メールアドレスから送信される場合はこちらに送信していただきますようお願い致します。
またhotmail宛のメールは、正しく受信した場合にはsakuraネットのアドレスに転送されます。当面hotmailアドレスも従来通り使用可能ですが、いずれは廃止する予定です。あらかじめご承知おきください。

また、原稿投稿や書評依頼など編集上の事務に関しては、編集委員会事務局直通アドレスを設けましたので、下記へお問合せください。
  
なお原稿その他に関しては、「会の概要」のページをあわせてご参照下さい。

2016年度学術大会のご案内

公開講演
■ 日時
9月24日(土)P.M.1:00から
中世文書から荘園景観を見る
   海老澤 衷氏 (早稲田大学文学学術院教授)
古文書学研究の現状と課題
   柴辻 俊六氏(前日本大学大学院講師)
■ 会場
早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)
〒169-0051 新宿区西早稲田1丁目20-14

総会
■ 日時
9月24日(土)P.M.4:00から
■ 会場
早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)
〒169-0051 新宿区西早稲田1丁目20-14

懇親会
■ 日時
9月24日(土)P.M.6:00から
■ 会費
6,000円
■ 会場
大隈ガーデンハウス三階

研究発表
新宿区 早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)
9月25日(日)A.M.10:00から(午前の部)

1. 「雑様手実帳」の再検討−様工の請負的性格に関連して−

三野 拓也氏

2. 白河集古苑所蔵白河結城家文書「安達氏系図」の記載内容について

鈴木 由美氏

3.軍勢催促状の発給に関する一考察 −元弘〜建武年間における軍事編成−

永山 愛氏

4.二通の「南禅寺慈聖院領諸庄園重書目録」

白川 宗源氏


P.M.2:00から(午後の部)

5. 室町〜戦国期における伊勢氏の活動と発給文書

川口 成人氏

6. 中世後期日光山の山内支配と周辺勢力との関係−『日光山往古年中行事帳』を素材に−

小池 勝也氏

7. 戦国大名の在地掌握に関する一考察 −戦国期島津氏を題材として−

久下沼 譲氏

8. 豊臣政権の奉行発給・受給文書に関する一考察

中野 等氏


9. 幕藩領主と大坂落人 −細川忠興と後藤又市の関係を題材として−

堀 智博氏


※会員以外の方のご来場も歓迎します。
※会員以外の方は、24日の公開講演会の入場は無料ですが、25日の研究発表会は受付で参加費500円をお納めください。

※この大会は終了しました。


文書見学会
■ 日時
9月26日(月)A.M.9:30から(集合場所:早稲田大学中央図書館エントランス)
■ 参加費
無料
■ 会場
早稲田大学中央図書館
「近年の研究にみる早稲田大学所蔵史料」の見学
見学の内容
      (1) 古代日本の国政と仏教を見る(「東大寺薬師院文書」など)
      (2) 早稲田大学とイェール大学に残る俊乗房重源の継目裏花押文書
      (3) 科研による共同研究のフィールド・東大寺領美濃国大井莊の検注帳
      (4) 失われた常陸国吉田神社文書の復原
      (5) 中世対外関係史研究の進展(「友山士偲度牒」など)
      (6) 中世後期公武関係史論(「中原康雄私記」・「宣教卿記」など)
      (7)「称名寺聖教・金沢文庫文書」の国宝指定に関連して

※大会期間中には、会場の井深大記念ホールに隣接する二階展示室にて、企画展「公家と武家の中世史」が開催中で、「後醍醐天皇綸旨」・「足利尊氏書状」など古文書約五十点が出陳されております。あわせてご観覧ください。
※見学会は、1日目・2日目の参加の会員に限らせていただきます。お送りしました開会案内にしたがって、必ず事前にお申し込み下さい。今回は当日受け付けることができませんのでご注意ください。

※この見学会は終了しました。